So-net無料ブログ作成

手術から5年経過。 [闘病]

乳がんの手術から5年が経過しました。
年1度の精密検査も異常なし!
5年間のホルモン治療も無事終わったので、
これで全部の治療が終了したことになります。

先生にも、5年間がんばりましたね~と言われましたが、
1日1回薬を飲むだけだし、副作用も酷くなかったので、わりとすんなり終わった感じです。
今後5年間は、年1度の精密検査が続きますが、診察の回数は減るようです。

5年間でなにか変わったかなと考えてみたんですが、
病院が建て替えられた、歳をとった・・・
それ以外は思い浮かばないんですね。
仕事も変わらず続けているし、趣味も変わらないし。
でも、変わらないっていうことが、一番いいことなのかもしれないですね。
長期入院している女性と、以前ちょっと話したことがあったんですが、
普通に家事とかしていた時が懐かしい、と言ってました。
あの人は、無事退院できたんだろうか。
普通に家事をしていてほしいですね。

nice!(11)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

手術から2年経過と温泉旅行。 [闘病]

今月は年に1度の精密検査がありました。
結果は、異状なし!
また安心して1年が過ごせます。

で、3月の終わりに、妹一家と母とで温泉旅行へ行ってきました。
乳がんの手術を受けてからは、大浴場にはもう入れないだろうなと思っていましたが、
妹が貸切露天風呂を予約してくれたので、久々の温泉に入れました。
今は、乳がん手術者用の入浴用胸カバーも売っています。
家族とはいえ大きな傷あとを見せるのはいかがなものかと思っていたので、
これはちょうどよかったです。
でもこれで大浴場へ行くのは、まだ抵抗がありますね~
(人目を気にするタイプなので。^^;)

KC3Z0075.jpg  KC3Z0084.jpg

<伊東・城ヶ崎海岸とマンホールで温まる?ネコ>

nice!(11)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

手術から1年。 [闘病]

乳がんの手術から1年が経って、
3月は精密検査月間でした。
結果は、
異状なし!

1年で再発・転移はないよね・・・自覚症状もないし・・・
と、わりと楽観的に考えていましたが、
最悪の事態も考えておかないと。
いざというときショックが大きそうだし。
そんなこんなで、どんよりした1か月でしたが、
異常なしとのお墨付きをもらって、
すっきりしました。
これでまた1年安心です。

それにしても、
3月の繁忙期に何度も病院へ行くというのは、
だいぶ気が引けます。
(上司や同僚は、決してイヤな顔はしませんが。)
これが何年か続くんですよね。
手術の時期をもう少し慎重に考えればよかったかな~
(でも、あの時は、そこまで考えが及ばなかったんですわ)
nice!(4)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

久しぶりの病院 [闘病]

約3ヶ月ぶりに、薬をもらいに病院へ行きました。
午前中は、めちゃくちゃ混むので、午後に予約しています。
検査の類も混んでいるらしく、
「まだ先の事なんですが、今から予約しておいてください」と言われて、
来年3月のCT検査などの予約をしてきました。
「来年3月ですか!?」と診察室で大笑いです。
混むにも程があるよね~(笑)

今、病院の建て替え工事が進んでいて、
新病院はだいぶ大きくなるようなので、
完成のあかつきには、
混雑も多少解消されるかなあと期待してます。

そうそう、ホルモン治療のことを書くのを忘れてました。
わたしの場合、女性ホルモンの影響を受けるタイプの乳がんということで、
再発防止のためにホルモン剤を飲んでいます。
とりあえず5年間と期間は長いですが、
1日1回薬を飲めばいいので、割とラクに感じます。
急にほてったり、汗をかいたりするのが、うっとおしいですが。
薬代は、ジェネリックなので多少安くなって、
1ヶ月分で2,500円くらい。
抗がん剤にもジェネリックがあったことに驚きましたが、
長期間飲まなくてはならない者にとっては、
たいへんありがたいですね。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

乳がんのこと 7 仕事 [闘病]

最初、乳がんですと言われたとき、「あー、これで次回の契約更新はないな」と思いました。
今の会社は、1年契約の契約社員という身分です。しかも、入社してから1年も経っていなかったのです。わたしがもし経営者だったら、更新しないだろうと思いました。
だから、クビになっても仕方ないやと半分開き直って、治療を最優先させてもらいました。
でも、契約は当たり前のように更新され、治療中はなるべく残業のないように仕事量も考慮してくれました。
会社ってシビアなものだと思っていたので、信じられないような気持ちで、たいへんありがたかったです。

仕事をしていてよかったとつくづく思います。
どんなに頭が真っ白な状態でも、仕事中はいままで通り平穏な気持ちでいられたからです。
自分が非常事態でも、周囲がいつもどおりだと、とても安心するのですね。

仕事はDTPオペレータです。印刷物の版下データを作成する仕事です。
書籍などのページ物から、ポスター・チラシまで、なんでもやります。
一日中パソコン作業なのですが、副作用で指先が痛かったときは、結構大変でした。
指サックをしてみたり、つらかった人差し指をなるべく使わないようにしてみたり。
幸いなことに文字入力の作業は少なくて、だいたいマウスで作業してたので、なんとかだましだまし痛い時期を乗り越えました。
仕事はずっとデスクワークで、お客さんと会うこともないので、多少体調が悪い時でも、なんとかやっていけました。でもこれが、外回りの仕事とかだったら、大変だろうなと思いました。

ちょうど手術の前、マシンの更新が決まりました。
いままでは、MAC OS9でQx4/イラレ8だったんですが、MAC OSXでQx8/CS5になりました。
一気にバージョンアップです。
全員分の台数がなかったので、わたしは手術もあるし、今回は見送りかなと半分諦めていたのですが・・・最新マシンいただきました!(笑)
仕事内容で決められたことだと思いますが、自分にはご褒美のように感じました。
退院したら最新マシンが待っている~!と大変うれしかったです。

すっかり別物となったイラレCS5や、表組みまでできるようになっていたQuarkXPress8、メニュー項目増えすぎだよ(笑)のインデザCS5と日々楽しく格闘しています。

これが最大の、1年前には想像できなかったことなのです。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

乳がんのこと 6 お金 [闘病]

がんってお金かかりそう・・・それも大きな心配事でした。
検査だけでも万単位のお金が出ていったので、
抗がん剤はいったいいくらかかるんだろうと戦々恐々としてました。
初日に、まったく見当が付かず10万円持って病院へ行きました(笑)。
実際はそんなに必要じゃなかったんですが、
でも1回に2万円から4万円くらい(薬によって違います)はかかりましたね。
インターネットでいろいろ調べて、治療費がわかるサイトを見つけまして、たいへん重宝しました。
→がん治療費.com
http://www.ganchiryohi.com/index.html

ここに載っているお値段は、実際にとても近いものでした。
先生に「いくらかかりますか?」ってなんとなく聞きづらいんですよ~
高額療養費制度というのがあって、標準の収入の人なら、
月約8万円以上はかからないようになっています。
それが3回続くと、それ以降は4万円くらいになります。
でもそれが半年、1年続けば50万円超は確実です。
保険のきかない治療法だったりすれば・・・予想もつきません。

わたしの場合、医療保険に入っていたので、それでまかなうことができました。
いままで、払うばかりで無駄だなあと思ってたんですが、初めてありがたみを感じました。
わりと最近更新したので、保障内容が実態にあった金額でしたね。
これが古いままの、入院保障だけだったら、まったく足りなかったです。
はっきり言って、入院費より、抗がん剤と放射線治療の方が全然高かったですから。
昔は入院して行っていた治療が、今は通院でできるというのは、ありがたい反面、保険などの保障からは外れてしまう・・・なんとも切ない感じです。

収入も減ってしまうんですよね。
有給休暇は使い果たして、後半は欠勤でしたから、給料がどんどん減っていきました。
入院期間の連続欠勤は傷病手当で健康保険組合から多少戻ってくるけれど、通院で休んだ分は当然なにも戻ってきません。

治療中、がんの医療保険のCMがやけに増えた気がしました。
通院でも払われるとか、仕事を休んだら払われるとか・・・
わたしのこと?と思うくらい実態に即してますね(笑)。
いいな~でも掛け金が高そうだな~とか思ってたんですが、
悲しいことにもう新しい保険には入れないんですよね~(苦笑)。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

乳がんのこと 5 放射線治療 [闘病]

手術から1ヵ月後、放射線治療も受けることになりました。
最初の予定にはなかったし、抗がん剤と手術でだいぶ疲れていたので、
そこまでやらなくてもいいよ~という気分だったのですが、
再発の危険性が高いということで、行うことにしました。
以前は、全摘出の患者には放射線は効果がないというのが通説だったそうですが、
ここ2年くらい、機器の進歩によって効果が出るようになったそうです。

ちょうど、病院の設備の入れ替えのため、違う病院に通うことになりました。
月曜から金曜まで毎日放射線を浴びに行きます。全部で28回。
所要時間はすごく短くて、着替えを入れても10分くらい。
このときはもう会社に復帰してたので、毎朝病院に寄ってから会社へ向かうことにしました。
フレックス扱いにしてもらったので、終業時間が後ろに延びましたが、
やはり治療中の1ヶ月半は疲れました。
治療は痛くも痒くもないんですが、皮膚が日焼けのようになります。
白血球も少し減るので、なんとなくだるくなりました。
(仕事の疲れもあったかもしれませんね)

ちょうど世間では、原発事故の放射能汚染の話題がピークだったので、
自分はいったい、普通の人の何十倍放射線を浴びているのだ?と思いました。
検査でもだいぶ浴びてましたし。
放射線治療によって浴びる放射線で、他のがんになる可能性は確かにあるそうですが、
それよりも再発のリスクのほうが圧倒的に高いそうです。
毒をもって毒を制すといった感じでしょうか。
抗がん剤もそうですね。本来は毒ですから。

放射線治療では、毎日照射位置の確認がされていました。
最初の位置決めの時は3人くらいで細かくチェックしていましたね。
抗がん剤の吐き気止めは、以前のものと比べると、格段に良くなっているそうです。
おかげで、抗がん剤も放射線治療も入院せずに通院で行うことができるのですね。
毎日同じ時間に病院へ通ってたので、警備員のおじさんが挨拶してくれるようになりました(笑)。
放射線治療が終わったときは、もう二度と来ることはないだろうなと少々寂しくなってしまいました。
と同時に、終わった~!という開放感です。
よくがんばった!と自分へのごほうび、たくさん買ってしまいました。(笑)
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

乳がんのこと 4 手術 [闘病]

2011年3月、抗がん剤治療も終わり、いよいよ手術です。
手術日の1週間前、東日本大震災がありました。
わたしの住んでいる横浜でも、計画停電や、電車の運休、食品が手に入りずらいなど、
いろいろな影響がありました。
そんな落ち着かない状況で、ちゃんと手術が行われるのだろうかと、不安な気持ちのまま入院です。
まだ余震が多い時期だったので、ヘルメットが常に近くにありましたね。
震災直後は手術予定の遅れがあったそうですが、わたしの番が来る頃には、遅れも取り戻せたようです。

手術室へは徒歩で向かいました。
ドラマとかで見る、寝たまま運ばれるというのは、実際は少数派らしいです。
スカスカした手術着で手術室へと歩いて行き、大きいドアの前で、家族と「じゃね!」と別れました。あー、ちっともドラマチックじゃありません(笑)。
でも手術室の中はすべてが金属質で、これが手術室か~!と軽くワクワクしました。(←あほです)

手術は結局、全摘出となりました。
抗がん剤で腫瘍の大きさは半分くらいになったのですが、
もともと大きかったし、位置も悪かったからです。
これは選択の余地がなかったのですっきり決まったのですが、
腋の下のリンパを取るかどうかで迷いました。
標準治療ではリンパ節を取るのが普通だし、腫瘍の大きさ的には取ったほうが安心なのですが、
腕の浮腫という後遺症が出るかもしれないのです。
指先が使えないだけでも非常に不便だったし、腕の浮腫はできれば避けたかったので、
センチネルリンパ節生検を受けることにしました。
がん細胞が転移する場合、最初にたどり着くリンパ節がセンチネルリンパで、
ここにまだがん細胞がなかったら、リンパ節は取らない、あったら取るというものです。
これは手術中に行います。
全身麻酔から覚めたときに、先生がまっさきに「なかったですよ!」と報告してくれました。
手術室出たてで、まだ朦朧としていたんですが、あ~よかったとほっとしました。

この検査は最近保険適用されるようになったまだ新しい検査方法なので、
精度がいまひとつ証明されていないらしいです。
それで患者に選択させるようになっているようですが、
治験もそうですが、賭けのような部分があるんですね。
今はまだ証明されていないけど、今後証明されるでしょうという世界です。
安心をとるか・・・ここはひとつ賭けてみようか・・・。
基本的にあたらしもの好きなわたしは、賭けに走ってしまいがちですが(笑)、
5年、3年前の治療法がもう過去のものになっているという話を聞きます。
数年後、センチネルリンパやって正解だった!と言いたいものです。

手術後、5日で退院。入院日数は8日間。
その後1週間自宅療養して、4月1日から会社へ復帰。
想像より、痛みは少なかったですね。
傷口はテープを貼りっぱなしなので、お風呂も入れます。
1か月間くらいは、着替えるときなどに腕が動かしづらかったけれど、
徐々に元通りになりました。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

乳がんのこと 3 治験 [闘病]

抗がん剤治療に入るとき、治験に誘われました。
条件がぴったりだそうで、金銭的にはなんのお得情報もないんですが(笑)、
効果があるならやってみたいと参加することにしました。
それに、どうせ苦しい思いをするなら、多少なりとも人のためになっていると思うほうが、
がんばれるような気がしたからです。

それは、未承認の薬と、標準治療の比較試験なのですが、
どちらに当たるかは、くじのように決めるので誰にもわかりません。
結局、私は標準治療のほうになってしまい、新しい薬は試せませんでした。
でもまあ、標準治療というのは現在一番効果があると証明されている治療法だから、
安心は安心なんですよね。そう思うことにして、治療に入ることにしました。

治験に参加すると、副作用とかの報告を治験コーディネーターに細かく報告するのが義務になります。
手帳に日記のようにその日の体調をメモるようになりました。
最初めんどくさいかなと思ってたんですが、
報告することで、不安も聞いてもらえるという、予想外の副産物がありました。
先生にも当然報告するんですが、なにしろ忙しそうなので、なるべくかいつまんで話すようにしていたので、コーディネーターさんとお話ししている時間のほうが長かった気がします。

途中、先生が病気のため、担当の先生が代わってしまったんですが、
そのときも、コーディネーターさんは変わらずついてくれていたので、大変心強かったです。
「患者さんの病状はその科の先生たちみんなが理解しているから、先生が代わっても大丈夫ですよ」
と説明してくれて、とても安心しました。
たぶん、治験コーディネーターは、コミュニケーション能力の高い人がなるものなんだろうと思いますが、それにしてもその仕事ぶりはすばらしいなあと感心しました。
患者はほとんどが、肉体的にも精神的にも不安定だから、その人たちから、必要な情報を引き出すというのは、なかなか大変なことなんではないだろうかと思いました。

その治験の期間は抗がん剤治療から手術まででした。
手術の前日、コーディネーターさんとお話をしましたが、
dekoさんはラッキーよ。と言われました。
がんになってラッキーもないわ(笑)と思いましたが、そうかもしれないとも思いました。
もしかしたら、命拾いしたのかもしれないのですから。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

乳がんのこと 2 抗がん剤治療 [闘病]

2010年9月から2011年2月まで、術前化学療法(抗がん剤治療)。
手術前に腫瘍をなるべく小さくしてから、切除しようというものです。
あと、まだ小さくて目で確認できないがん細胞を叩くという目的もあるようです。
前半3ヶ月間はパクリタキセルという薬剤。後半3ヶ月はCEFです。

パクリタキセルは週1回の点滴投与。
投与前の検査→検査結果が出るまでの待ち時間→投与時間で、だいたい半日がかりでした。
抗がん剤治療は外来でだったので、仕事は午後半休をとって、せっせと通いました。

副作用は、毛髪は全部抜けてしまいますが、
吐き気はそれほどひどくなく、投与から2~3日、うすら気持ち悪い程度。
便秘のほうが大変でしたね。
あと指先のしびれと爪の痛みや変色。
爪の痛みは、キーボードを打つにもしんどいし、指先が使えないしと、けっこうイラつきました。
ボタンを留めるのに時間がかかり、缶コーヒーは開けられない。
鉛筆を持つのもしんどいし、靴もきつめの靴は履けない。
この副作用が一番つらかったです。
今は痛みは無く、しびれもほとんどありませんが、足の爪の変色はまだ残っています。

CEFは3週間に1回の点滴投与。
やはり半日がかりでした。
吐き気はやはりそれほどでもなかったのですが、
白血球の減少が激しくて、増やす薬を注射したり、数値に一喜一憂しました。
最初、白血球の減少による高熱が出て、緊急入院するはめになりました。
注射でも1本打って帰ってこれると思っていたので、
いきなり入院してくださいと言われたときにはびっくりしました。
手ぶらだったし、一人で病院に行ったので、一人で来たの?!と看護士さんに驚かれる始末(笑)。
一時40度まで熱が上がって、白血球も1000を切ったので、
自覚は無いけど(笑)、あぶない状態だったんですね。
3日間の入院で、数値も上がって熱も下がったので、めでたく退院。
会社は、突然3日間も休んで、このときは大変迷惑をかけました。
この後は、予防の注射もしつつ、なんとか予定通りの治療を終了。

髪の毛も、治療終盤ころには生えてきたし、爪の痛みもどんどん軽くなって、
半年間やり遂げた!という達成感と開放感でいっぱいでした。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。